Earth Breathing

昨年屋久島に移住して、小さなあろまさろんを主催しています。ボイスヒーリングとアロマセラピー、自然を旅すること、おうちでぼーっとすることが、生きがいです。

新月

ここ数日、自分のためのボイスヒーリングに集中していました。

 

f:id:ayako-sundries:20180713202008j:image

他のお客様のご迷惑にならないよう、奥の方で

滝の前で、ミストがいっぱい降ってくる

 

歌っていると、

心の底から解けてきて

最後の方は、喜び、慶び、

 

大地との一体感

私にとっては、これが喜び

 

 

今日は、新月

 

滝の前で

最後のほうに

自分にとって、思いがけない言葉が出てきて

 

その言葉が、自分自身を喜ばせてくれた。

嬉しい。。。

 

 

ここにいられて、ありがたい。

ボイスヒーリングに集中していると、旅していた時の感覚に戻り

島の住人でいられていることが、ありがたく感じます。

 

 

そして、私に関わってくれる方たち、

応援してくれる方たち、何より喜びを与えて頂いているお客様たちに、

いつもありがとうございます。

 

森あるき

豪雨とダイナミックな雷の数日が過ぎた後、昨日から晴れ間が。

f:id:ayako-sundries:20180625152113j:plain

f:id:ayako-sundries:20180626082816j:plain

 

 

思い立ち、森へ行った。

f:id:ayako-sundries:20180626154329j:plain

深い森を歩いたのは、考えてみれば2ケ月ぶりくらいかもしれない。

 

 

いっぽ、いっぽが、楽しくて

嬉しかった

 

やっぱり、いいなぁ

屋久島の森

 

 

大地につながっていく

この感覚

 

帰りの車の中から

見える温かな山々の緑を前にして

 

ここに住んでるんだなぁ

と、いまだに不思議な気持ちがしてくる瞬間です

 

 

 

大地の美しさを感じ

大地の愛情を感じるとき

私にとっては、自分を信じられる瞬間

 

この恵まれた環境に居られることを無駄にしないように

アロマさんたち、屋久島さん、

私が精いっぱい、役立てるように。

 

 

ステビア

今朝は大阪・関西方面で大きな地震があり。。。、ただただ、祈るばかりです。

 

 

こちらは、屋久島の「縄文ファーム」のステビア

 

f:id:ayako-sundries:20180617125809j:plain

このままレモングラスなどと混ぜてお湯を注ぐと、甘いハーブティになります。

かじると茎まで甘かった。

 

乾燥させてみます。

楽しみです。

 

ニュージーランド旅行記4 2018-05 ティマル

さてマウントクックから、お友達が紹介してくれた、ヒーリンググッズを売っているお店のある「ティマル」という町に行ってみました。

 

 

ティマルは、ついてみると思ったより都会、町の中心はビジネス街の雰囲気が

漂っていました。

 

f:id:ayako-sundries:20180521104947j:plain

f:id:ayako-sundries:20180521111936j:plain

アトマさんという方がオーナーのヒーリングショップ。

アトマさんはアーティストで店内にもご自身で描いた絵が飾ってあり

またクリスタルに詳しい方でした。

 

ティマルも1泊しかしなかったけれど、アトマさんがお店にいらした方を

次々と紹介してくれて、いろいろな方とお話しすることができ

ありがたかったです。

 

精油などを購入し、お店を、そしてティマルを後にしました。

 

 

この後はオアマルという町に一泊し、クィーンズタウンに戻りました。

そして、オークランド経由で日本へ。

 

オークランドにも一泊したのですが、こちらでも思いがけず

お友達が紹介してくれたフラワーエッセンスのすみ先生にお会いすることができ

楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

 

f:id:ayako-sundries:20180527221700j:plain

こちらは、私の誕生日から、私の個性をより強めてくれる、「コル」という植物のエッセンスをブレンドして頂きました。

早速飲ませて頂き、自分らしさに自信を持てる、そんな気がしてきました。

 

お友達のおかげで、自然ばかりではなく、人とのつながりもでき

私にしてはありがたい旅でした。

 

ニュージーランド旅行記3 2018-05 アシュバートン

台風の影響も里ではほとんど感じず、いつも通りの梅雨の雨の感じの屋久島です。

 

さて、先月のニュージーランドでは旅の目的の一つ、

雪の積もったマウントクックを見てみたい、

が終了したので、次なる目的、お友達が紹介してくれたお店を訪ねて

ティマルへ向かいます。

 

途中、アシュバートンという町で一泊することに。

 

$40(3000円位)のお安い宿の予定が

その日は人がいなかったらしく

一軒まるまる貸して頂けることに。

 

f:id:ayako-sundries:20180521080802j:plain

アシュバートン 心地よい宿

 

広~い。

リビングと寝室、行ったり来たり、遠くて広くて嬉しくなってしまいました。笑

 

この日はテレビを見て

アメリカのTV番組「ミディアム(直訳すると霊媒師)」がやっていて、

聞き取れないのになんだかおもしろく、じーっと見てしまいました)

 

バスタブまであったので、ゆっくり入らせて頂き

ぐっすりと眠りました。

ありがたいことでした。。

 

 

f:id:ayako-sundries:20180521081442j:plain

ニュージーランド アシュバートン 朝

 

もう1泊したいところでしたが、

翌朝はティマル行きのバスに乗るためにバス亭へ。

 

f:id:ayako-sundries:20180521083138j:plain

ニュージーランド 朝カフェ アシュバートン

バス亭までの道すがらに、朝カフェタイム。

 

たぶん、アシュバートンは観光客がほとんどいない、ニュージーランドの普通の町。

きらびやかではないけれど、何か落ち着く町でした。

 

ニュージーランド旅行記2 2018-05 マウントクック

島に戻ってきて、あっという間に2週間以上たち

すっかり島に意識が向いてしまっていますが、ニュージーランドにも思いを馳せながら

旅行記の続きを書いてみたいと思います。

 

 

「今度は雪のつもったマウントクックが見てみたいな」

 前回夏に旅をしたとき、日本に戻ってふとそう思い、

 計画した今回の旅でした。

 

 

f:id:ayako-sundries:20180518135426j:plain

 夏には黄色い花を咲かせてたビロードモーズイカ

 枯れてそのままの形で残ってました。

 

 晴れてたのは最初の半日で、

 あとは雨だったけど

 

f:id:ayako-sundries:20180519102850j:plain

小雨の中ボイスヒーリングして

気持ちよくなってちょっと寝転がる

 

わずかな日差しが出てきたときの嬉しさ

 

f:id:ayako-sundries:20180519103556j:plain

こんなときは、大地との一体感を感じられて、幸せ

 

f:id:ayako-sundries:20180519113104j:plain

 

虹のご褒美

 

上の写真たちは、マウントクック村にあるホテルから、

わずか5分くらい歩いた辺り。

 

 

 

夕方雨が小やみになり、

マウントクックさんに近づきたくなり、もう少し歩いてみる

 

f:id:ayako-sundries:20180519170946j:plain

わかるかな

真ん中の小さく見える山がマウントクック

 

ここまで見えたのはこの一瞬だけでした。

 

前回は5日間、歩いて歩いて歌ってたけれど

今回は2泊3日で終了。

 

次は、お友達が紹介してくれた、ティマルという町に向かいます。

久しぶりの朝ボイスヒーリング

梅雨の合間のお日様が顔を出した今日

 

久しぶりに、ガジュマルさんのいる森へ。

 

f:id:ayako-sundries:20180608092322j:image

 

嬉しいな。

 

島で、不思議にスイッチが入ったように、

声が出てくる

 

声を出させてくれる

 

屋久島さん、またよろしくお願いします。

 

 

f:id:ayako-sundries:20180608092519j:image

歌った後の帰り道

 

一歩、一歩が楽しい。

 

ありがたいです。